フルートアンサンブル・トリプティークの毎日♪

恐らく最後の恵方巻き@かな
だおうも!!
おひさしぶりぶりでっす!!あけおめです♪
もう2月も半ば!早いですねぇぇぇ!!
インフルエンザが大流行しているみたいですが、皆様お変わりないでしょうか><
私は長らくのお休みから復帰し、少しずつ演奏活動も再開してます♪
復帰した去年の12月から振り返りますと、、、

記念すべき復帰第一弾の演奏のお仕事で記念撮影したところ、
たまたま白いドレスを着ていて、さらにたまたま後ろのオブジェと重なったらば、
なんか天使っぽいぞ!!と一部の方々の間で噂になったりならなかったり(笑)
天使?
第二弾ではクリスマスコンサートってことで、リハーサルの段階で、You、サンタ帽かぶってみる?ってことになり、
アラフォーだけどもいいのだろうか、と一瞬の逡巡がありつつ、めっさノリノリでかぶってしまったり♪
アラフォーサンタ
そして、つい先日はピッコラードトリオの発表会で、ちょっとだけ講師演奏をば。
シックなホールに合わせてシックな色でパチり☆
ピッコラードトリオ

こんな感じで、少しゆったりペースですが、元気にやっております。

最後に、毎年恒例の恵方巻き写真。
これは、特定の若干名のファンの方向けに撮っておりましたが、
もう今年最後にするかも。。^^;
って書いておいて来年もしれっとやってしまったらさーせん!
恵方巻き

来月は25日にコンサートがあります♪また近くなりましたらお知らせしますね♪
まだ寒さの厳しい日がやってくるようなので、体調気をつけてお過ごしください♪
スポンサーサイト

サロン“レ・ゼール”リサイタル終演!
舞です。

20180202104933117.jpg

サロン“レ・ゼール”でのリサイタル、おかげさまで全公演満席の中、無事に終えることができました。応援くださった皆様、ありがとうございました!

レ・ゼールはピアノの伊藤さんのご自宅だけあって、まさにアットホームなコンサートです。プログラムもオールジャンルを心がけて、固くならないようにしています。オールジャンルって簡単に言いますケドね…けっこう難しいんです。クラシックはいくらでもネタがありますが、他ジャンルはまず楽譜が無い。正確には、「リサイタル」で演奏するに見合うような楽譜が無い。。というわけで、綿引浩太郎さんに新アレンジをお願いしました。Englishman In New YorkとSeptemberは大収穫でした!
クラシックはバルトークのルーマニア民俗舞曲が好評でした。トリプティークでもお世話になっている堀内貴晃さんの編曲で、音楽之友社から出版されている楽譜を使いました。さらに私の方で細かい装飾やテンポや強弱の変化を加えて、じゆ~~に演らせていただきました。白熱!!

休憩中には、ワインサービスもあります。伊藤さんがしっかりテイスティングして選んできたもので、これがいつもなかなか美味しいのです。赤は音楽にちなんで、「ハイドン・ボトル」というこだわり。

いい感じでワインが入ったところで、自己紹介タイム。これもサロンならではですね。今年は「Good News」をテーマにお話いただきました。色々なGood Newsが飛び出す中、特にいいこと無かったという方は「悪いことがなかったのが良かったことかな」とおっしゃっていました。確かにそうですよね!Good Newsをお話していただいていると、不思議と会場も和やかないい空気になっていきます。気持ちがいいものですね。

そして、1年後の自分への手紙。サロンからのサービスで来年の1月に送られるもので、これも恒例ですが、なかなか楽しいです。願い事は、案外書いてみるものです。
201802021049507ef.jpg

コンサートの最後には、定番の合唱コーナー。曲はもちろん、レ・ゼール(フランス語で翼)にちなんだアノ曲。

そうそう、レ・ゼールは4回のご来場で記念品が出るのですが、今回は4組いらっしゃいました。記念品贈呈も単にお渡しするだけじゃないんですよ。レ・ゼールならでは!(これは来た方だけのお楽しみ♪)

ご常連のお客様も本当に沢山になり、嬉しい限りです。ただ、満席ゆえお断りしなければならなかったお客様も沢山いらっしゃいました。本当に申し訳ありませんでした。m(__)m
多くのお客様により快適にお聴きいただき、サロンならではの音楽空間をお楽しみいただけるよう、これからもピアノの伊藤さんと模索していきますね。
また来年1月にレ・ゼールリサイタルをやります。来年はコンサートの中でも告知しましたが、小型チェンバロ(スピネット)と共演プログラムを組む予定です。どうぞお楽しみに♪

20180202105004320.jpg20180202110707d95.jpg

ピッコラードトリオのコンサートでした@かな
だおうもー!大変なご無沙汰、すみません!かなでっす
もう、1ヶ月くらい前になってしまいますが、
ピッコラードトリオのリサイタルがにぎにぎしく執り行われたので、
そのご報告♪
クーラウのフルート2本とピアノのトリオや、
ショッカーの3つのダンス、など、をクラリネットと演奏するとどうなるか!!
という試みも面白かったし、
ブロッホのコンチェルティーノという、この編成ならではの名曲と出会えたのも収穫でした♪
お客様がとてもあたたかくて、ホールも素晴らしく、
共演者の岡ちゃん、きみこさんとのエキサイティングなアンサンブル演奏も、
終演後のホールでのプチ打ち上げも、とにかく幸せづくしの一日でした♪

ぴっこ1

皆様ありがとうございました!!

ぴっこ2

サロン“レ・ゼール”リサイタル3公演終了!
舞です。

ご案内しておりました草加のサロン“レ・ゼール”でのリサイタルが、追加公演含めて3公演、無事に終了することができました。
ご来場くださいました沢山の皆さま、また応援くださいました皆さま、本当にありがとうございました。
14856991370.png

21日のマチネと29日の追加公演は、昼の部ということもあり、補助椅子も総動員する満席ぶりでした。21日のソワレは満席ではなかったのですが、実は理想的な人数でして、お客様も演奏する方も非常に快適でした。おかげで休憩中のワインタイムでは、お客様同士の交流も弾んでいたようですね。そんな様子が見られるのも、サロン“レ・ゼール”の素敵なところです。

今回のプログラムは、前半は「オペラファンタジー」、後半は「春への憧れ」をテーマに選曲しました。レ・ゼールでしかやれないプログラム、レ・ゼールだからこそやれるプログラムは何かを考えての選曲でした。プログラムに奥行きが出るよう、私なりに色々工夫をこらしたつもりですが、いかがだったでしょうか?
14856992270.png

ピアノの伊藤さとみさんとご主人様には、今回も沢山お世話になりました。細かいところまで心を尽くしてコンサートを作っていかれる姿勢には、いつも励まされ、勉強になっています。サロン“レ・ゼール”は、これからも沢山の音楽家や音楽好きのお客様たちに愛されて、益々素敵な場所になっていくだろうと思います。まだ行かれたことのない方は、ぜひ一度コンサートに参加してみてくださいね。
私もアイデアを温めて、また出演できたらと思います。

今回、お花も沢山いただきました。我が家のレッスン室は華やいでおります♪ありがとうございます。
14856990570.png


フルートワールド2016
舞です。

昨日は銀座山野楽器主催の「フルートワールド2016」にて、トリプティークのミニコンサートをさせていただきました。
image3_5.jpg

今回のプログラムはこちら♪

E.エルガー: 愛の挨拶
T.シマク : 海の彼方から
向井利行 : 「3本のフルートのためのおとぎ話」より 1.小人たち
P.I.チャイコフスキー/渡邉加奈 :「四季」より 8月(収穫の歌)
「F.メンデルスゾーン/堀内貴晃 : 「無言歌撰集」より 春の歌、ヴェネツィアの舟歌、失われた幸福
葉加瀬太郎/辻峰拓 : 情熱大陸
小山作之助/渡邉加奈 : 夏は来ぬ



けしてレパートリーが多いとは言えないフルート三重奏という編成。トリプティークのコンサートで取り上げてきた「絶対ウケる曲」を紹介しました。こんな場面でプログラミングしたらいいとか、こんな本番で使ってほしいとか、トークを交えました。
この日が初演となった向井利行さんの新曲、今回は1楽章のみでしたが、作品についてお話を伺いました。
image1_7.jpg
「音楽から曲名である“おとぎばなし”のイメージを膨らませてほしい」おっしゃっていました。貴重なフルート三重奏のレパートリー、ぜひ出版して多くの方に演奏してほしいです!

そして、今回は渡邉加奈アレンジの「夏は来ぬ」の楽譜もご来場の方にプレゼントしました。コンサートでご利用の際には「トリプティークの渡邉加奈アレンジ」と一言付け加えて演奏してくださいね(加奈さん談)

今年も大盛況だったフルートワールド、お世話になった銀座山野楽器の皆様、各フルートメーカーの皆様、ご来場くださった沢山のお客様、ありがとうございました!
image2_4.jpg
そして、今回もエキストラを岩下しのぶさんにお願いしました。素晴らしい演奏、ありがとうございました!
Copyright © トリプログ. all rights reserved.