フルートアンサンブル・トリプティークの毎日♪

新曲とモーツァルト
舞です。

4月も終わりに近づき、いよいよGWに突入ですね!

先日、こちらでもご案内していたA7コンサートでの新曲発表を無事に終えることができました♪
カワイ表参道のサロン“パウゼ”は初めて演奏させていただきましたが、満席に近いお客様が入っても、極端に響きが失われることもなく吹きやすかったです。ピアノも最高の感度で調律されていて、流石でした。
aviary-image-1461513985578.jpeg

私の仕事の傾向からして、新曲初演の機会をいただくことは稀です。A7コンサートは縁あって、これまでも数回出演させていたたきました。
今回はフルート&ピアノの作品。リハーサルを多くのやれた甲斐もあって、しっかり演奏を作ることができて、良い初演になったと思います。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

また、こちらではご案内しないうちに終わってしまいましたが、「練馬室内管弦楽団」という新しく出来たオーケストラのコンサートもありました。
aviary-image-1460866019768.jpeg

オール・モーツァルト作品で、フルートの乗り番はピアノ協奏曲20番のみでしたが、楊先生の素晴らしいソロと共演でき、とても光栄でした。
この室内オケは、母校である日大芸術学部のOBと演奏補助で大学で働かれている方を母体にしています。
aviary-image-1461470011471.jpeg

光栄なことに立ち上げ公演にお誘いいただき、頼もしい先輩や後輩とともに演奏できたのは、この上無い喜びでした。これからも公演が続いていくとのことですので、今後の展開が楽しみです!


さぁ、いよいよ5月に突入。これから夏までが毎年一番忙しい時期で、今年の5月も大量に本番があります。closedが多いのですが、openのものは順次ご案内できるように、更新も頑張ります~(>_<)
ひとつひとつの本番を大切に、安全第一・健康第一で乗りきりたいものです。
そうそう、本番ではないのですが、GW後半には指揮講習会のデモオケで、トリプティーク3人でオーケストラに乗る機会もあります。これまたレアな機会で、楽しみですね♪
レポートお楽しみに~(^o^)v


スポンサーサイト

パールフルート新製品 試奏
舞です。

いつもお世話になっているパールフルートさん。
この度、頭部管をはじめとする新製品を出されたということで、試奏させていただきに、桜吹雪が美しい上野公演の脇にあるパールフルートギャラリーさんに立ち寄りました♪

フルートの音色を決める頭部管。この度、ほぼ全てのモデルに標準装備される頭部管を一新したそうです。従来のパールフルートは、柔らかく細めの上品な音色が特徴でしたが、新しい9番の頭部管は従来の音色に加えて、世の中の主流である、明るくよく鳴って表現力のあるタイプに変わっていました。しなやかで柔らかい従来のパールの音色に、コシのある音色が加わった印象で、これから人気が出ていくだろうなと思いました!

私は高校生からパールを使ってますが、当時今回の新製品を使ってたら、人生変わってたな~と思いました。マルチにどんな曲にも場面にも対応できるような吹奏感で、かつパール本来の上品な音色も残しているので、多くの方のニーズに応えてくれそうです。
パールフルートはじめましての方は、第一印象の良い吹きやすい楽器でしょうし、パール愛用者で、もっと踏み込んだ表現がしたかったという方にもピッタリですね!


私的には、新型クラウンを搭載したマエスタ・シルバーが一番使いやすいなと思いました。幅広く色々なことができそうな楽器で、さらに吹き込んでいって楽器がどう鳴っていくのかも見てみたいなと思いました。

それから、新型エレガンテも面白かったです。こちらは、Ag958の管体銀で、独特の深い音色がありました。総国産で、品質も上位モデルと変わりませんので安心。軽さもあるので、価格的にもマエスタは大変だけど…という方や、あえてAg958の音色を選ぶ方もいらっしゃるでしょうね。中学校などの部活の備品としてもオススメだなと思いました。初心者にも上達してきた生徒さんにも対応できるし、あまり予算が出ないけど「使える!」楽器が欲しいな、という時には価格的にも嬉しいですね。


ちなみに私は、現在もパールを使ってますが、最上位モデルである“オペラ”シルバーに、リップ&ライザーとクラウンが14金、カーブド・テーパーのVC(Vivace)の歌口、H足部管でカバードキィ、加えてさらに細かくカスタマイズして作った楽器なので、結局は自分のがベストなのですけどね。。


クリーニングペーパーも新製品だって。カワイイ(*^^*)
20160409_172432.jpg

付属品の掃除棒やクロスも、「あ~そうそう、こーゆーとこ直して欲しかった」という痒いところに手が届く設計となってました。ご注目くださいね!

パールフルートの詳しい情報は、パールのサイトにてご確認ください。
http://www.pearlgakki.com/flute/index.php
進化するパールフルート、皆さんぜひお試しください。
Copyright © トリプログ. all rights reserved.