FC2ブログ
フルートアンサンブル・トリプティークの毎日♪

スギテツwith東京国際芸術協会管弦楽団『 軽めに幻想曲 』

舞です。


先週は大宮ソニックでオーケストラの本番が続きました。今回からは同じプログラムを連続で演奏する日々が続きますが、同じ曲だからこその難しさってありますね。お客さんは初めてなわけですから、演奏はいつも新鮮に、でも安定感をもってというのが目指すところです。今週以降も勉強いたします。

さて、週末には「混声合唱団 La LALA & コーロ・ガーベル ジョイントコンサート」も本番でした。
まるで一筆書のように滑らかな進行、お客様を最後まで飽きさせない演出、素晴らしかったです!
合唱の皆さんは楽しみつつも、良い集中を高められて、お一人お一人が演者となってコンサートを作られているのがよくわかりました。
私自身もとても勉強になりました。

フルートのソロでは、フォーレのファンタジーを演奏しましたが、前半は客席で演奏し、後半はステージ上でとのご指定がありました。意外と短い間奏…入念な場当たりをしましたが、本番はついつい小走り🏃
ドレス&銀靴、そしてフルート持って間奏で颯爽と走る姿は、なかなかレアだったと思います😅


さて今週末は、昨年度Eテレの番組「おんがくブラボー」で共演したヴァイオリン&ピアノのおもしろユニット“スギテツ”さんと、オーケストラで再び共演いたします。
クラシックの名曲と、それらを題材にスギテツさんが楽しくアレンジした曲をお届けします。詳しいプログラムは公開できないのですが、あんな曲やこんな曲、まさかのコラボなどなど、とーっても楽しいコンサートとなっています。
ご家族皆さんで、クラシックに詳しくない方も必ず楽しめる公演です。ぜひお出掛けくださいね。
スギテツさんは大変人気のユニットですので、ご来場の際は前売り券をお求めになることをオススメします。

※※※※※※※
スギテツwith東京国際芸術協会管弦楽団『 軽めに幻想曲 』
16052903.jpg
16052904.jpg

日程: 2016年5月29日(日)

場所: 東京・日暮里サニーホール(JR日暮里駅・南口より徒歩2分)

時間: 19:30開演(19:00開場)

料金: 全自由席 前売5,000円 当日5,500円

指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ

管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団

プログラム:
【第1部】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
サラサーテ:カルメン幻想曲 他
【第2部】
ハトヤのカルメン幻想曲 (オーケストラ版初演)

★チケット購入方法など、詳しくはこちら。
http://www.tiaa-pro.com/blog/2016/04/14/6901
※※※※※※※※※


そして、その前日と当日の昼には、協奏曲のコンサートにも乗っています。こちらも合わせてチェックしてくださいね。

※※※※※※※
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2016

PART1:2016年5月28日(土)18:30 開演 (18:00 開場)
PART2:29日(日)14:00 開演 (13:30 開場)

場所: 東京・日暮里サニーホール

料金:
前売4,000円 当日4,500円(全自由席・各PART)

指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ

管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団

http://www.tiaa-jp.com/concert/index.html
※※※※※※



スポンサーサイト

混声合唱団「La LALA」 & コーロ・ガーベル ジョイントコンサート

舞です。

先週より今年度の音楽鑑賞教室が始まりました。今週は、和光市と大田区のオーケストラ鑑賞教室がありました。
私はフリーランスですので、色々なオーケストラにお邪魔して、ピッコロを吹くこともあれば、2ndもあるし1stをやらせていただくこともあります。ポジションによって仕事の難しさは異なりますし、ご一緒する演奏家も様々ですので、その日によって状況は様々です。柔軟に対応していけるように、一回一回を大切に学んでいきたいと思います。


さて、来週末は合唱団との共演コンサートがあります。
指導をされている佐々木理子先生は、お客様がしっかりと楽しめるコンサート作りを妥協なくされる方で、私もご一緒させていただく度に勉強になっています。
ひとつひとつの演目の美しさはもちろん、コンサート全体の構成作りが素晴らしく、アマチュアの団体であっても自己満足的な公演にはけしてなりません。お客様がコンサート後、「あ~良かった!」と感じでくださるよう、入念な準備をされています。

http://合唱.com/smart_inquire_con.php?id=597
DSC_1613.jpg

直前に出演が決まりましたので、チラシに名前はありませんが、私も様々な場面で演奏させていただきます。ソロでフォーレのファンタジー、それからフォーレのレクイエムも室内楽編成で演奏します。レクイエムはオーケストラ版では演奏できないパートも縦横無尽に吹かせていただきます。合唱との絡みは、本当に感動的です。
他にも演出上、詳しくはナイショですが、色々色々と登場いたします。
ぜひお出掛けくださいね♪


☆ オマケ☆
大田区民ホール・アプリコでの本番のち、フルートセクションの先輩方と隠れ家カフェへ立ち寄りました。どれも体に優しい&心に残る味がして、アフタヌーンティーセット最高でした!!いい仕事に触れると、活力をもらいますね。来週も頑張ろう!
20160514_115855.jpg

指揮講習会→新曲試奏会
舞です。

あっという間にGWが終わってしまいましたが、皆さま満喫されたでしょうか?

さて、先日珍しくトリプティークでオーケストラのお仕事があったので、写真を載せます。

日独楽友協会主催の指揮講習会のデモオケのお仕事でした。
課題曲はチャイコフスキーの「悲愴」ということで、なんと19世紀に使われていたマイヤー式ロマンチックフルートで演奏するという場面がありました。
image2_3 (2)

10キィのフルートでしたが、なんとも運指が複雑で解読不能、全然音程取れず…(ToT)
でも音色は古き良き時代が香り立つような趣があって、素敵でした。ドイツやロシアはベーム式の普及が遅いはずですから、こんな難しい楽器でけっこう複雑な調性の曲も吹いていたかと思うと、昔の演奏家の巧みさを感じます。

指揮講習会自体は、10年以上前から時々参加させていただいてますが、今回は久しぶりでした。オーケストラを指揮できる豪華な講習会。普段は吹奏楽や合唱を指揮しているという方や、単純に音楽の勉強したいという方、ヨーロッパへの音楽留学を考えている方、若くて指揮者を目指している方、ぜひ来年以降参加してみてくださいね。とても勉強になると思います!


指揮講習会のあとは、作曲家・向井利行さんのフルート三重奏のための新曲の試奏会でした。都合が合わなかった貴ちゃんに代わり、岩下しのぶちゃんにご参加いただきました。
image1.jpg

フルート三重奏はとにかくレパートリーが少ないのが悩みです。そんな中、向井さんの作品は貴重なレパートリーとなっていくと思います。
DSC_1601 (1)

3楽章形式で、全員がピッコロ持ち替え、3rdはアルトフルートもあります。
変拍子連発で各人のソルフェージュ力とアンサンブル力を問われる、なかなか吹きごたえのある曲でありつつ、無国籍の不思議な世界に連れていってもらえるようなメロディックな部分もあり、最後はかなりエキサイトして終わります。ポップな作品というよりは、アカデミックな内容で上級向き。

出版のご予定は無いようですが、トリプティークでいつか初演がてきるように機会を狙いたいです!そして、ぜひ演奏してみたいという方がいらっしゃいましたら、作曲家の向井さんに交渉しますので、トリプティークまでご連絡くださいね。


オマケ♪
東京文化会館でニューシティ管弦楽団さんにお邪魔しての本番もありました。食事休憩に一人ホールでさらう贅沢。
DSC_1594.jpg

読売新人演奏会を思い出しました。(めちゃくちゃ緊張したな…ボロボロだったなぁ…)
そういえば今年もGWに読売新人演奏会やってたのかしら?だとしたら、この写真はその翌日のことです。

オマケ②♪
向井作品試奏に使ったリハーサル室に出してくださっていた看板が、かわいかったです☆いい匂いの石鹸みたいだね。。
DSC_1602.jpg

Copyright © トリプログ. all rights reserved.